手書きの青色申告は無理なので、freeeがおすすめ

青色申告の帳簿を素人が手書きで作るのは、はっきりいって無理です。税理士に頼むと、何万円もお金が掛かります。

しかし、確定申告ソフトを使えば、簡単に、安く、青色申告の帳簿を作ることができます。
freeeが特におすすめです。まずは無料の会員登録をして、無料プランで使ってみることをオススメします。

下のボタンをクリックすると、freeeの登録ページが開きます。
登録は5分以内に終わります。

ボタンをクリックして、freeeの無料プランに申し込みましょう!(無料です)

素人でも青色申告の帳簿を作れる

「青色申告の帳簿を手書きで作って、無料で済ませたい」

確定申告のために、税理士に何万円もお金を払うのは、もったいないですよね。しかし、手書きで青色申告の帳簿を作る方法がわからない…

今回は、手書きで青色申告の帳簿を作る方法を調べました。素人でも、作れるのでしょうか?

結論からいえば、少し工夫すればできます。

紙での青色申告は、素人には無理!

白色申告の帳簿は、比較的簡単に作れるとネット上でよく見かけます。しかし、青色申告になると、かなり大変です。

青色申告では複式簿記が必要です。これが非常に複雑な簿記なので、なかなか本業の仕事をしながら、帳簿を作成することは困難です。

簿記というものは、非常に帳簿を作る人を選びます。はっきりいって、簿記に向いている人と向いていない人がいるのです。

チマチマした経費の仕訳などを間違えずに入力することが苦手なら、青色申告の帳簿作成は向いていません。

当てはまらなかったとしても、手書きで青色申告の帳簿を作成するのは非常に難しいことです。
さらに、労力も掛かります。
素人は手を出さないほうがいいでしょう。

税理士に依頼すると、とってもお金がかかる!

効率アップのために、税理士に、青色申告の帳簿作成を依頼している人も多いです。

税理士なら、月1万円程度の顧問料と10万円程度の決算料で、確定申告書まで作ってくれます。あなたがやることは、領収書や売上表、外注表などの帳票関係資料を準備するだけです。

ですが、厳しい経済事情の昨今。年間20万円以上の顧問料は、とても高いと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。あなたも、できれば税理士には頼みたくない、と思って、なんとか青色申告の帳簿を手書きで書こうとしていませんか?

しかし、想像している以上に、確定申告の青色申告帳簿を作るのは大変なものです。

そして、いろいろな帳簿を書かなければならないので、忘れてしまうこともあります。なにより、貸借対照表をつくるのが大変で、しかもそれを作らないことには、65万円の控除も受けられません…

そこで、確定申告ソフトを使おう

昔は、確定申告の書類は全て手書きでした。信じられないと思いませんか?

今は、便利なソフトが数多く発表されています。自分のパソコンにインストールするソフトや、インターネット上で自由に使えるソフトなど、さまざまな確定申告ソフトが登場しています。

確定申告ソフトを使えば、直感的に操作がわかりますし、大抵の場合はマニュアル抜きでも操作できます。

細かい作業が苦手な方でも、数字が苦手な社長さんでも、確定申告ソフトを使えば、簡単に決算の作業ができます。

手書きでしなくてもよいので、パソコンを触るだけで青色申告表が完成します。これは使わない手はないでしょう。

ですが、確定申告ソフトを使っても、手書きで帳簿を作るよりは簡単なのですが、仕訳などの基本的な簿記の知識は必要でした。そのため、今までは、簡単にできるとはいえ、それなりに大変な作業でした。

freeeなら、いつでもどこでも手軽に確定申告!

freeeのホームページ

freeeが発売されてからは、大変な確定申告の作業が、劇的にラクになりました。

freeeなら、仕訳がほとんど必要ありません。ほぼ自動で仕訳を行ってくれるのです。

freeeの利点 その1
インターネット上のサービスなので手軽に使える

まず、確定申告までにかかる一連の作業を、すべてオンラインで行えます。

クライド型でネットに繋がっていれば使えます。いつでも、どこでも、どこからでもfreeeにアクセスして、入力やデータの確認を行うことができるのです。

これなら、パソコンからでも、タブレットからでも、スマートフォンからでも、いつでも気が向いたときに、freeeにアクセスして、作業を行うことができます。

freeeの利点 その2
自動仕訳サービスがすごい

freeeには、自動仕訳サービスが付いています。

インターネットバンキングやクレジットカードの明細を、自動で取り込むことができます。

自動で取り込むだけではなく、自動で「接待交際費」や「水道光熱費」のような仕訳までしてくれます!だからこそ、freeeの自動仕訳は圧倒的に支持されているのです。

仕訳が自動でできるようになると、日々の決済業務が格段に楽になります。

また、AIが仕訳を学習してくれますので、日々の仕訳を覚える必要がありません。

わざわざエクセルに入力してから登録しなくても、直接、入力ができるのは大きなメリットだといえるでしょう。

freeeの利点 その3
領収書を画像で読み込んでくれる!

自動仕訳に対応しているのは、自動で取り込める銀行口座やクレジットカードなどの明細だけです。

これらの他に、現金での支払った領収書のデータを、手動で入力しないといけません。

freeeのおすすめの点として、領収書を画像で読み込むという認識機能がついています。これは非常に便利です!

試しにやってみたところ、精度は60%程度といったところでしょうか。ですが、こちらも画像認識にAIを使っていますので、今後は日々精度が上がっていくはずです。

それに、何といっても画像認識はOCRにも対応してくれています。詳しくはコンピュータに任せて、スマホで領収書を写真で撮影するだけで仕訳が完了するのです。

freeeの利点 その4
法改正などに自動対応

所得税に関する法律はしょっちゅう変わるので、対応が大変、と思っていませんか?

freeeなら、自分でソフトの買い替えや更新をしなくても、すべて法改正に迅速対応してくれます。

アップデートなどは全てお任せできますので、安心して使い続けることができます。

その他、使って感じたfreeeのメリット

freeeを使えば 確定申告書の作成まで一気に出来上がります。

また、他サービスとの連携が豊富ですので、請求書の発行から売上管理、電子マネーまで、さまざまなシステムと連携しています。

そのため、freeeを中心にして、数多くのクラウドシステムに触れるきっかけにできます。

また、ふるさと納税や生命保険料控除などにも対応してくれているので、簡単に青色申告の書類を作ることができます。

freeeは、簿記や会計の素人でも簡単にできるよう工夫されています。

周囲に使っている人が多いので、インターネット上などで気軽に質問することもできます。チャットでのサポートもついてきます。

freeeは、無料でお試し利用ができる

さらにfreeeのメリットとして、お試し使用が無料であることが挙げられます。
非常に簡単に登録できますので、ぜひ登録してみてください。
30日間限定で、無料で使うことができ、チャットのサポートなども使えます。

青色申告なら、freeeがおすすめ!

青色申告をする可能性が少しでもあるなら、freeeのお試し登録をオススメします。

freeeに無料登録

30日の無料プランがあります。まずは無料の会員登録をして、無料プランで試しに使ってみることをオススメします。

下のボタンをクリックすると、freeeの登録ページが開きます。
登録は5分以内に終わります。

ボタンをクリックして、freeeの無料プランに申し込みましょう!(無料です)