「クラウドワークスに登録してみたいけど、ちゃんと稼げるサイトか不安」

クラウドソーシングが一般的になったとは言っても、使ったことの無いサイトに登録して詐欺にあったりしないか心配ですよね。

しかし、クラウドワークスが安全で稼げるサイトだとわかれば、安心して登録できますよね。

今回は、クラウドワークスでライターとして稼いだ経験から、初心者向けの稼ぎ方を紹介します。
詐欺にあったりせずに、安全に稼ぐことができますよ。

最初はタスクで稼ぐ

クラウドワークスは100万人以上の人が登録している安全なサイトです。
受注者も発注者も個人か小さめの法人が多いため、個人で受託するにはお金のやりとりが不安になることだと思います。
クラウドワークスはそんなあなたと会社の間に入って、決済プラットフォームとして活躍してくれます。

まずおすすめなのが、タスクと呼ばれる早い者勝ちの仕事です。
タスクなら、たとえば「子育ての悩みを教えてください2000文字2000円」などの仕事があります。
こうした仕事は早い者勝ちなので、条件が良い仕事を見つけたらすぐさまクリックして、ステータスを「仕事中」に変える必要があります。

タスクで稼ぐコツ

タスクは、実は承認率というものがあり、あまりに内容がテーマから逸脱しているとNGとなってしまいます。
こうなるとお金は支払われませんので、必ずテーマにあった記事を納品するようにしましょう。

そして、OKがでれば承認され、クラウドワークスの口座に指定のお金が振り込まれます。
2000円のタスクの場合は、1,600円が自分の取り分です。
売上の2割はシステム手数料として引かれてしまいますが、それ以上のお金はすべて自分のものです。

慣れたらプロジェクトで、どんどん稼ごう

クラウドワークスでタスクに慣れてきたら、次はプロジェクトにチャレンジしてみましょう。
ライターを募集している案件を探し、得意そうな案件があれば応募します。

プロジェクトで稼ぐコツ

高単価の案件を選んでいくことが、プロジェクトで稼ぐポイントです。
クラウドワークスのライティングの案件一覧には、単価が書いてあります。
0.1円などの案件は避けて、1文字1円程度のものを探して応募してみましょう。

クラウドワークスはライティングだけで何千件もお仕事がありますので、検索しても良いですね。
検索ボックスに「子育て」「美容」「ファッション」「芸能」などと入力して、チェックしてみてください。

そして、何か良さそうな案件があったら、提案をしてみます。
提案書を書くことが大切です。
これまでどんな仕事をしてきたか、子育てやファッション、美容、芸能などへの関心はどの程度なのか。

たとえば「EXILEの新曲を魅力たっぷりに紹介してください。1000文字1200円」などの案件が出ていたとします。
自分がどれだけそのアーティストに縁があって、魅力的に書くことができるかを提案するのが大切です。

未経験でも稼げる

主婦向けの案件であれば、それほど高いライティング技術は求められません。
せいぜい、日本語が怪しくなければ大丈夫です。
もちろん、高学歴で国語力が高いほど良いとは思いますが、求められているのはその案件にどれほど適正があるかです。

そのため、未経験でも熱意をもって応募することが大切です。
基礎的な日本語力を見るため、応募の文言は精一杯考えましょう。
文字単価1円程度なら、それほど高度なスキルは求められないのでおすすめです。

案件を受託してどんどん稼ごう!

クラウドワークス内をあちこち飛び回って、いろいろな案件に応募してみると良いでしょう。
最初のうちは他の人が選ばれるかもしれませんが、少しずつ案件が取れるようになってきます。
無事に受託できたら、どんどんライターとしての案件をこなして、稼いでいきましょう。

掲載されるサイトがわかると書きやすい

クラウドワークスの場合、どこのサイトに掲載されるのかわからない記事を依頼されることがあります。
もしも聞けそうであったら、「掲載するサイトを教えていただけると嬉しいのですが」などと切り出してみましょう。

教えてくれない場合もありますが、教えてくれるケースもあります。
また、インターネット上のコピペチェックサービスをつかって納品したテキストをWeb上から探し、Webサイトを探す方法もあります。
自分の書いた記事がどのように使われているのか確認すると、次回から記事が書きやすくなります。

コピペはダメ!

納品記事をコピペをすると、クライアントはチェックツールでチェックしますので発覚してしまいます。
そうなるとお金は支払ってもらえないので注意が必要です。
インターネット上の文章を参考にする程度なら構いませんが、一部でもコピペがあるとペナルティになりますので注意しましょう。

たくさんの案件を受注するコツ

より多くの案件をクラウドワークス上で受注するには、「プロフィール」の充実が欠かせません。
提案した場合なども、クライアントはライターを選択する際にプロフィールをチェックしています。

未経験OK!
主婦でも立派な経歴になる

主婦なら主婦でかまわないので、略歴を書きましょう。
どこの学校を卒業したのか、そしてどのような職歴があるのか仕事をした経験があればそれを記載します。

そして、できれば子育て中の主婦ならそう書くと良いでしょう。
子育ても立派な経験で、同じような人をターゲットとした子育てメディアを運営しているクライアントもいます。
そうした人にとっては、下手に独身男性のプロライターに子育て記事を書かれるより、アマチュアの主婦に臨場感のある記事を書いてもらいたいと思うものです。

そして、プロフィールは、多少の大げさに書いてもOKです。
履歴書とは違うので、たとえば派遣社員であってもそれは書かなくても良いのです。
正社員だと嘘を書いてはいけませんが、嘘にならない程度なら、まだ大丈夫です。

クラウドワークスで稼ぐ際の注意点

クラウドワークスで稼ぐ際にいくつかの注意点があります。

たとえば、出金のタイミング。
クラウドワークス内の口座にお金が貯まりますが、それは15日締めの末払いか、末締めの15日払いかのいずれかになります。
随時出金サービスもありますが、なにせ手数料がかかります。

出金手数料も、楽天銀行100円、その他の銀行500円となっており、かなり高めなので注意が必要です。
楽天口座を事前に開いておいて、手数料を取られないようにしましょう。

また、注意点として、クラウドワークスは未出金のお金が180日、すなわち半年貯まると、それが出金できなくなってしまうのです。
できる限り早めに出金する必要があります。

クラウドワークスに無料登録

ここまでクラウドワークスについて見てきました。
がんばれば家にいながらにして月数万円を稼ぐことは不可能ではありません。

まずはこのページからクラウドワークスに登録してみましょう!
クラウドワークスへの登録は簡単です。

身分証明書とスマホを準備して、本人確認してスタートです!
身分証明はなくても稼げますが、あったほうがより信頼されます。