MFクラウドの名前を聞いたことはあるけれど、一体どのように使えば良いのかわからない・・・そんな方も多いと思います。

MFクラウドは、個人の方の確定申告や、小さな規模の会社の決算を行うのに使えるクラウド型の確定申告ソフトウェアです。

クラウド型なので、インターネットにつながっていれば、パソコンからでもスマホからでもタブレットからでもログインすることができ、どこからでも決算の仕訳を行うことができます。そんなMFクラウドの評判を見てみましょう。

MFクラウドなら決算と確定申告がラクラク

特に個人の方で青色申告している方や、中小企業の経営者の方には、複式簿記による帳簿付けが欠かせません。

そんな時、MFクラウドならば、仕訳が簡単にできて帳簿をかなり簡単に作成することができるのです。

MFクラウドならば、クレジットカードを使って明細を取り込み、自動で経費の仕訳を行うことができます。

そのため、精算をクレジットカードで行えば、次の月からも毎月自動で仕訳ができるのです。MFクラウドの自動仕訳はビッグデータで精査された情報ですので精度が高いことでも知られています。

万が一間違っていた場合は手動で仕訳を切り替えることができ、その後はその仕訳を学習してくれますので、次の仕訳からは正しい仕訳になるのです。

仕訳が簡単で、通帳なども自動で取り込んでくれますので、決算時に慌てることはもうありません。

MacでもタブレットでもWindowsでも

MFクラウドなら、これまでの会計ソフトのようにインストールは一切不要です。

インストールせずに、オンラインで会計データを処理するだけですので、パソコンに負担がかかりません。そのため、タブレットからでもMacからでもWindowsからでも、同じデータを取り扱うことができるのです。

クラウド型だからバックアップ不要

クラウド型の確定申告ソフトであるMFクラウドなら、バックアップはサーバーが行ってくれます。

そのため、端末が壊れてしまっても、端末を無くしてしまっても、災害が起こってシステムが動かなくなっても、大丈夫なのです。それがクラウドの強みでもあります。

ビジネスデータはどこからでも参照でき、クライアント側に何が起こっても大丈夫。そうした安心をお届けできるのが、MFクラウドの特徴でもあります。

他社のソフトから乗り換えも簡単

他社の確定申告ソフトで使い慣れたものがあったとしても、大丈夫です。

過去のデータを引き継ぐことができますので、インポート機能を使って乗り換えを簡単に行うことができます。よって、過去の確定申告データも取り込むことができます。

明細の自動取得が簡単

先程説明しましたが、銀行口座やカードを登録することによって取引明細を自動で取得します。

データの仕訳が簡単にできますので、日常の経費精算が非常に楽になります。確定申告でこれまで面倒だったのが、この仕訳の部分です。この明細の入力が非常に手間で、時間を取られていたのです。

それが自動でできるようになりますので、確定申告にかかる時間が例年の何分の一かで済むようになります。

これは一度使ったら、もう二度と他の確定申告ソフトには戻れません。それぐらい楽で簡単にできるのが、MFクラウドの仕訳の自動取り込み機能です。

分析アプリでキャッシュフロー分析などが可能

分析アプリがついていますので、キャッシュフロー分析や収益・費用の分析ができます。

いつでもどこでもできますので、ご自身のお金の使い方を今一度振り返ることができます。

連携が充実

銀行口座やカードだけと連携しているわけではなく、決済やPOS、クラウドソーシングなどと連携が可能で、いろいろなソフトウェアと連携することができて非常に便利です。

仕訳などを自動で行ってくれますので、確定申告の際にもう悩むことはありません。手間などもかかりませんので、いろいろな所得税にまつわる申告が一気にできてしまいます。

面倒な作業をすべて自動化

MFクラウドなら、これまで面倒だった仕訳作業などがすべて自動で取り込むことができます。

非常に楽に会計作業ができますので、確定申告や所得税に関連した作業を簡単に行うことができます。ほとんどのデータを自動で仕訳できますので、手作業で何かを開こなうということがほとんどありません。

申告にまつわる書類も自動で作成

確定申告書B、青色申告決算書などの確定申告にまつわる書類を自動で作成することができます。わざわざ税務署に取りに行く必要がありません。

e-Taxにも対応

e-Taxにも対応しており、個人事業主向けに確定申告書を自動で作ってくれます。あとはネット越しに申告を行うだけで、確定申告が簡単に終わります。

会社のパソコンがなくても楽ちん

従来製のパッケージソフトとは違って、時間や場所にとらわれずに利用することができます。そのため、会社のパソコンがなくとも簡単に確定申告が可能です。

フリーランスはワークスタイルが自由で多様です。WindowsやMac、タブレットなど、さまざまなワークスタイルに最適なクラウド型の確定申告ソフトなので、会社のパソコンで行う必要はありません。

税制が変わっても大丈夫!

日本の税制は複雑で、なおかつコロコロ変わります。わざと複雑にしているのではないかと思うぐらい・・・

そんな税制が変わっても、常にサーバーでは最新版が更新されているので大丈夫です。増税や法改正などにも素早く対応可能です。

MFクラウド確定申告の口コミ

ではここで、MFクラウド確定申告の口コミを見てみましょう。

新しいもの好きな武田さん新しいもの好きな武田さん

前は表計算ソフトで帳簿をつけて、データを会計ソフトにインポートしていました。

これが嫌で記帳できるソフトを探したのですが、インストール型だとソフトウェアの初期費用、更新費用、サポート費用が発生して個人事業主としてはコストがかかりすぎるので二の足を踏んでいました。

MFクラウドであれば簿記の知識の無い私にも簡単で、使いやすく、コスト感も小さいので助かりました。

節約上手な斎藤さん節約上手な斎藤さん

会計の知識が開業当時はまったくなかったので、すべて税理士にお願いしていたのですが、顧問契約の負担が大きいため自分でできるところは自分でしようと思い探したところ、MFクラウドに出会いました。

表計算ソフトで会計処理するよりもはるかに楽に会計業務を行えるようになりました。本業があるので会計処理に時間を取っている暇がなく、自動仕訳などの精度も高く学習能力も高いため自社の売上の癖にフィットした会計ソフトです。

仕事が早い米田くん仕事が早い米田くん

開業と同時にMFクラウドを導入しました。

従来のパッケージソフトを相当面倒だと感じていた私にとっては、1ヶ月分の領収書をためてしまうとそのデータ入力だけで1日かかる従来のパッケージソフトより、MFクラウドははるかに時間の節約になります。IT時代に最適です。

画面デザインもシンプルで、会計データを毎日数件チェックするだけでOKなのです。三菱東京UFJ銀行の法人銀行口座BizSTATIONの自動取得も対応してくれて、さらに便利になりました。

などなど、みなさんかなり便利にMFクラウドを使っているようです。口コミを見ても、「使ってよかった!」「従来の会計ソフトに比べて圧倒的に楽!」といった口コミが多いようです。実際に使っている人の声ですので、信ぴょう性がありますね。

会計処理の初心者から、経験者まで、幅広い方に満足していただけているのがMFクラウドです。

他社製品との比較

ではここで、競合製品であるやよいの青色申告オンラインと、Freeeと比較してみましょう。機能や有料プランにした場合の比較を行っても、MFクラウドが有利であることがわかりますね。

MFクラウド やよい freee
価格 ベーシックプラン
864円/月
9,504円/年
セルフプラン
8,640円/年
(初年度無料)
※サポートほとんどなし
980円/月
9,800円/年
ヘルプの充実 無料 無料 無料
メールサポート 無料 あり 無料
チャットのサポート 無料 なし あり
電話のサポート あり あり 有料プランの導入時のみ
無料プランのデータ保存期間 制限なし 2ヶ月 1ヶ月
無料プランの決算書作成 できない できない できない
無料プランの機能制限 仕訳は月15まで。仕訳学習は月5まで なし なし
法改正 対応 対応 対応
共有ユーザ 3人 1人 3人

MFクラウドを選ぶ理由

最後になりますが、MFクラウドを選ぶ理由をまとめてみます。

  • 自動仕訳が楽ちん
  • 無料でデータ保存が可能
  • 基本機能を使うのが無料
  • 青色申告の提出書類が無料で作れる
  • 決算書が無料で作れる
  • 無料でもサポートがある
  • 取引が増えてプレミアム版にアップデートしても価格が安くてお得
  • 金融機関との連携が使いやすい
  • 勘定科目はリストの中から選択可能
  • ヘルプが充実

などなどのメリットがあります。使い勝手がいいのでぜひ使ってみて下さい。

MFクラウドへ無料登録

クレジットカードなどのデータ取り込みは、過去数カ月分しかできない場合も多く、会計処理は1年分必要です。よって、早めに登録して、データだけ取得してしまいましょう!

MFクラウドの登録はこちらからどうぞ。
とりあえず登録だけしてデータを取得しておくこともできますよ。